週末芸術 Weekend Art Utsunomiya   

宇都宮において2006年5月からスタートした 週末のみオープンするアートイベント“週末芸術”。 事情によりしばらくお休みです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タムラサトルさんからのお知らせです

タムラさんの展示が大阪で始まっています。
お近くにいらっしゃる方は、ぜひお訪ねください。

展覧会については以下詳細をご覧ください。

-----------------------------------

愛マシーン

会期:2014年 1月17日~2月14日
会場:テヅカヤマギャラリー
時間:11:00~19:00
休廊:日・月祝

バレンタインクロージングパーティ : 2月14日( 金 ) 18:00- 作家在廊

テヅカヤマギャラリー 大阪市西区南堀江 1-19-27
Email : info@tezukayama-g.com
URL : www.tezukayama-g.com
問合せ:担当/内田
-----------------------------------

このたびテヅカヤマギャラリーでは、2014年度最初の展覧会としてタムラサトルの個展「愛マシーン」を開催いたします。

国内外の多くの美術展で精力的に発表し、世界各地のオーディエンスに衝撃と脱力の笑いを届けるタムラサトル2014年初めての個展のテーマは「愛」。

本展覧会の中心となるのは、2013年のあいちトリエンナーレで初披露された高さ2.5 mにおよぶ巨大な“愛”マシーン。かすかなグリースの音を立てて回転する愛の字を象った極太のチェーンが意味するのは愛知の愛であると同時に 愛=LOVE でもあることは言うまでありません。今回はその愛マシーンを、本展のための新作“LOVE”マシーンや、マシーンシリーズの作品の中でも特に傑作の誉れ高い”ハート”マシーンと共にギャラリー空間に展示し、愛の足りない世界に向けて、これでもかというくらい濃密に愛をアピールします。

加えて展覧会最終日は、バレンタインデー 2月14日。恋人たちの記念日に向けて街が浮き足立つ中、機械油の香りと胸焼けするほどの愛に満たされた空間に身を置けば、若人ならずとも心躍り、忘れかけたあの日の情熱を取り戻すのは間違いないでしょう。また、本展と時を同じく、2011年のおおさかカンヴァスにて発表された“大阪マシーン”が、千島土地株式会社様のご厚意により、北加賀屋・大阪クリエイティブセンター(名村造船所大阪工場跡地)近くの展示スペースに設置されております。こちらも併せてご高覧ください。


We are pleased to announce our first exhibition of the year 2014. This will be a solo exhibition by Tamura Satoru entitled ‘Ai Machine’. Tamura has been shocking, amusing and evoking laughter among audiences all over the world. The theme of his new year exhibition is ‘love’ and will run from the 17th of January until the 14th of February, Valentines Day 2014.

We will exhibit several pieces from Tamura’s ‘Machine Series’ which have the theme of ‘love’ especially for Valentines Day. The main piece will be Tamura’s ‘Ai Machine’, which was exhibited at the Aichi Art Triennale 2013. The Japanese kanji character for ‘love’ is pronounced ‘ai’ therefore the machine represents ‘love’ but also the ‘Ai’ in ‘Aichi Prefecture’ .

We will exhibit several of Tamura’s ‘machines’, including the ‘Ai Machine’, ‘Love Machine’ and several ‘Heart Machines’. Without any thought, Tamura creates a pure white concept while destroying meaning. The title is just exactly what it is. The absence of meaning is the concept of Tamura’s work. The motor inside keeps it moving constantly. The mechanical nature of the work destroys any meaning we may associate with the shapes in which they move. There is no intended meaning behind these shapes. They just move. They are just machines.

The theme of ‘love’ stands in contrast to the machines, which are strong, cold and mechanical objects. As the gears and greasy chains rotate, the sound of the rotation and the scent of the grease create an atmosphere that appeals to all the senses. The final day of the exhibition will be Valentine's Day, a day of celebration for couples. We invite and welcome everyone to this exhibition to create memories. Join us in celebrating love in the new year at Tezukayama Gallery.

At the same time as the exhibition at Tezukayama Gallery, Tamura’s ‘Osaka Machine’ (which was part of Osaka Canvas in 2011) is exhibited in a purpose-built space near ‘Osaka Creative Centre’ (a former shipyard of Namura). Chishima Real Estate have kindly offered to permanently exhibit ‘Osaka Machine’ in this space and we would like to offer our thanks to them for their co-operation and support. ♥


-----------------------------------
タムラサトル
http://www.lares.dti.ne.jp/%7Emm25/tamura/
2006年以前の情報は以下をご覧ください。
お手持ちのブラウザで表示できない場合は、旧ブラウザに対応しているこちらをご覧ください。
http://www.lares.dti.ne.jp/%7Emm25/tamura_e/index_j.html
スポンサーサイト

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/01/28(火) 19:49:05|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タムラサトルさんから展覧会のお知らせです | ホーム | タムラサトルさんからのお知らせです>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://weekendart.blog57.fc2.com/tb.php/169-123a94cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

週末芸術

Author:週末芸術
宇都宮市内のスペースを使用し
年間6回(前期3本/ 後期3本)の企画展を
週末のみに開催いたします

※事情により、しばらくの間休みます 
  また、いつかどこかで再開出来る日を願いつつ・・・

「週末芸術 Weekend Art Utsunomiya」
イシカワアツコ(アートコーディネータ)
シオダシンゴ(建築家)

※Vol.04 協賛企業及び個人
    (順不同/敬称略)
  株式会社栃木ナブコ
  有限会社 カネホン
  成良仁 (陶芸家)
  ECHO

※Vol.03 協賛企業及び個人
    (順不同/敬称略)
  株式会社アラマキ
  株式会社栃木ナブコ
  鈴運メンテック株式会社
  成良仁 (陶芸家)
  五十嵐幸子
  ECHO

※Vol.02 協賛企業(順不同/敬称略)
  タウン情報もんみや
  惣誉酒造株式会社
  有限会社随想舎

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

mail

お問い合わせはこちらのメール・フォームにてお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。